BINANCE(バイナンス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BINANCEに関する情報
取引所名 BINANCE 取扱通貨数 141
開始時期 2017年07月 CEO名 趙昌鵬(Zhao Changpeng)
所在地(登記地) HKG リファラル報酬率 20%
リファラル期間 無期限 日本人対応
BINANCE 還元/配当情報
償却(=バーン)周期 償却(=バーン)対収益償却率 20%
通貨支給:周期 通貨支給:対収益還元率
配当額総計 405659188.75396 1枚あたり配当額 2.7430914189143
Binance Coin 独自トークン
シンボル BNB 正式名称 Binance Coin
現在価格 1,695円 ($15.75) 取引量(24h) 16,777,120,882円 ($155,909,606)
カテゴリ 取引所トークン 対応取引所数 123
TVR[?] 1.8593 最大発行枚数 179,883,948枚
循環供給枚数 147,883,948枚
暗号資産の売買がはじめての方は、まずはじめに『暗号資産取引所(仮想通貨取引所)の選び方』をご参考いただくとよいかもしれません。取引所各社の「売買可能な暗号資産」や「手数料率」の一覧のほか、取引所を選択するポイントを解説しています。

また、基本的に日本の取引所は営利企業が運営する「中央集権型取引所(Centralized Exchange:CEX)」ですが、取引所の種類にはCEXのほかに、ブロックチェーン上に取引履歴を保存・公開のうえスマートコントラクトにより自立稼働する「分散型取引所(Decentralized Exchange:DEX)」も存在します。CEXとDEXの違いについては『CEXからDEXへ?暗号資産取引所の行方』をご参照ください。

バイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所です。

上記は、hubexchangeが提供している「取引所検索」サービスをキャプチャしたものですが、過去24時間の取引量は【1,193億1,656万円】となっており(2019年4月24日時点)、2~3番手に位置しています。

バイナンスは海外の取引所ですが日本人にも人気が高く、仮想通貨に興味のある方ならニュースなどで一度は耳にしたことがあるかもしれません。ただ、海外の取引所なので初めて利用するとなると不安な部分が多いかもしれません。

この記事では、まだバイナンスを利用したことがない方に向けて、バイナンスの特徴のほか、実際に利用するにあたっての口座開設方法を画像を使ってわかりやすく解説します。

  • バイナンスがどんな取引所か知りたい方
  • バイナンスで口座開設を行いたい方

このように感じている方は、ぜひご覧ください。

 

Binance(バイナンス)の特徴は?

バイナンスはマルタに拠点を置いているため、仮想通貨の取扱いに厳しい日本に比べると規制がほとんどありません。

そのため、日本国内の仮想通貨取引所にはない特徴がいくつもあります。

この章では、そんな海外の仮想通貨取引所であるバイナンスの特徴について解説します。

世界最大級の仮想通貨取引所

バイナンスは仮想通貨の取引高、登録者数が世界第1位となっています。

世界中の人に利用されていて、取引所の人気の高さがうかがえます。

仮想通貨の取引で一番のネックになるのが、取引の数量を示す取引高が少なくて、仮想通貨の売買ができなくなってしまうことです。

取引所では、仮想通貨を売りたい人が買いたい人と直接やり取りをするため、取引をしている人が少なければ売買をすることが難しくなります。

そのため、取引高は仮想通貨の取引で重要な要素となります。

バイナンスでは多くの方が仮想通貨の取引を行っているため、売買ができなくなる心配はありません。

 

取引手数料が安い

バイナンス取引手数料maker手数料:0.1%
taker手数料:0.1%

バイナンスの取引手数料は、すべての仮想通貨で世界最高水準の安さになっています。

キャンペーンやビットコイン等の一部の仮想通貨だけの取引手数料を安くしている取引所はありますが、すべての仮想通貨をここまでの手数料水準で行っている取引所はあまりありません。

バイナンスは世界的に取引手数料が安い取引所なのです。

 

取扱通貨が100種類以上

バイナンスは取扱っている仮想通貨が100種類を超えています。

日本の取引所では、zaifが20種類弱の仮想通貨を取扱っていますが、日本国内では100種類以上の仮想通貨を購入できる取引所はありません。

また、新しくできた仮想通貨の上場も速く、すぐに購入することができます。

このため、バイナンスでは日本にはない仮想通貨を手に入れることができます。

多くのハードフォーク通貨をサポート

仮想通貨は、開発陣営の理念の違いからハードフォークにより、通貨を分裂させることがよくあります。

通貨を分裂させて、それぞれの理念をもとに仮想通貨を開発していくわけですね。

バイナンスでは、こうしてハードフォークをした通貨の多くをサポートしています。

例えば、2017年10月にビットコインからハードフォークをしたビットコインゴールド(BTG)では、バイナンスでのビットコインの保有枚数分のビットコインゴールドが配布されました。

日本の取引所では、ビットコインゴールドを配布するとの案内がありましたが未だにありません。おそらく今後もないでしょう。

このように、バイナンスではハードフォークから生まれた多くの通貨を、しっかりとサポートしてくれます。

【注意】日本語、日本円の入金は未対応

バイナンスで注意をしなければいけないのが、日本語、日本円の入金が未対応であることです。

現状では日本での積極的な営業は控えるように金融庁から指示されているため対応ができない状況となっています。

そのため、基本的な操作などは英語で行い、仮想通貨を日本の取引所からバイナンスへ送金することにより入金します。

初めて利用される方は、「難しそうだな・・・」と感じるかもしれません。

しかし、バイナンスでの操作は、私たちにわかりやすくデザインされているので初心者の方にも問題なく操作ができます。

また、この記事では画像付きでバイナンスの操作方法を解説しますので最後までご覧いただければと思います。

Binance(バイナンス)は設立から約半年で世界最大級の取引所へ成長

バイナンスは2017年7月に香港(現在はマルタ)で設立された比較的新しい仮想通貨の取引所になります。

バイナンスの設立以前にも多くの取引所がありましたが、バイナンスは約半年間で世界第一位の取引高を獲得しています。

2018年の第一四半期には約2億ドル(約220億円)の純利益を上げて、欧州で最大手の銀行であるドイツ銀行の純利益を超えて大きなニュースとなりました。

仮想通貨がブームの時期であったとはいえ、これだけ急速に利益を上げられた企業はありません。

もちろん利益を追求した結果ではありますが、利用者にとって満足できるサービスが提供できていた事実があったからこそ急成長できたと言えます。

Binance(バイナンス)のタイムライン

  • 2018年7月14日:Binance取引所サービス開始
  • 2018年2月5日:Binance Infoリリース
  • 2018年5月22日:Binance Labsサービス公開
  • 2018年7月25日:Blockchain Charity Foundation(通称:BinanceBCF)設立
  • 2018年8月14日:Binance Academyリリース
  • 2019年1月21日~22日:Binance Conference開催(シンガポール)
  • 2019年4月18日:Binance Chainジェネシスブロック生成
  • 2019年4月23日:Binance Chainメインネットローンチ(BNBはethereum/ERC-20から独自チェーンへ移行)

Binance(バイナンス)の取引所トークンは?

バイナンスはBNB(バイナンスコイン)という取引所トークンを提供しています。

BNBを保有していることでいくつかのメリットがあるのでご紹介していきます。

通貨名称 Binance Coin(バイナンスコイン)
通貨単位 BNB
公開月 2017年7月
発行枚数 約2億枚

BNBで取引手数料が安くなる

BNBを経由して仮想通貨を購入すると取引手数料が割引されます。

ただし、割引率はBNBが発行されてからの年数によって下のように変化します。

年数 割引率
1年目 50%
2年目 25%
3年目 12.5%
4年目 6.25%
5年目以降 0%

BNBはバーンにより価格上昇が見込める

BNBは四半期ごとにバイナンスの利益の20%が運営により買い戻されて、発行枚数が50%(1億枚)になるまで続けられます。

買い戻されたBNBは、運営によりバーン(破棄)されて今後流通することはありません。

そのため、BNBの流通量が減少し希少性が高まるため、持続的な価格の上昇が見込めます。

Binance(バイナンス)の登録方法

バイナンスでは口座を登録しなければ仮想通貨を取引することができません。

この章では、バイナンスの「アカウント登録方法」から「二段階認証の設定」までを画像付きで解説します。

アカウント登録方法

ここではバイナンスのアカウント登録の方法を解説します。

バイナンス公式サイトにアクセス

②トップページの右上「Register(登録)」をクリック

③Eメール、パスワードの入力をしたら、チェックボックスにチェックを入れて「Register」をクリック

ハッキングの危険性を考慮して、他の取引所と異なったパスワードにしましょう。

また、パスワードを強くするため、数字や記号を含めた長めの設定にすることをオススメしています。

④パズルのピースのような画面が出てくるので、ドラックでピースを合わせる

⑤先ほど入力したEメールアドレスにメールが届くので「Verify Email」をクリック

⑥「Login」をクリックしてログイン

これで登録が完了です。

Eメールアドレス、パスワードを入力して進めば、ご自身のバイナンスアカウントで仮想通貨を取引することができます。

二段階認証の設定

仮想通貨の取引所は、常にハッキングのリスクにさらされています。

安全性の向上のためにも二段階認証の設定は必ず行いましょう。

ここでは、二段階認証の設定を解説します。

①トップページの右上「Account」をクリック

②「Google Authentication」にて二段階認証を行うため、画面左下の「Enable」をクリック

③「Google Authentication」のアプリがない方はダウンロードし、「Next Step>」をクリック

④アプリでQRコードを読み込み、「Next Step>」をクリック

⑤表示されているキーを紙面等で保管して、「Next Step>」をクリック

このキーを保管することで、携帯電話の紛失時にGoogle認証を回復することができます。

 

⑥ログインパスワード、アプリで生成された6桁コードを入力して、「Enable Google Authentication」をクリック

これで二段階認証の入力は完了です。

Binance(バイナンス)での仮想通貨の購入方法

バイナンスでは、日本円が入金できないため日本の取引所から仮想通貨を送金して取引を行います。

この章では、バイナンスの「バイナンスへの仮想通貨」から「二段階認証の設定」までを画像付きで解説します。

Binance(バイナンス)へ仮想通貨を送金する方法

バイナンスでは、BTC、ETH、XRPのような日本で取り扱っている仮想通貨のペアがあります。

これらの通貨を日本の取引所からバイナンスへ送金することで取引ができるようになります。

ここでは、バイナンスへ仮想通貨を送金する方法を解説します。

①右上「Funds」から「Deposits」 をクリック

②日本の取引所から送金したい仮想通貨を選択して、アドレスをコピー

③日本の取引所でバイナンスのコピーしたアドレスを貼り付けて送金

これでバイナンスへの仮想通貨の送金は完了です。

アドレスは間違えると仮想通貨が戻ってこなくなってしまうので、手入力ではなく必ずアドレスをコピーをして貼り付けるようにしてください。

仮想通貨を購入

ここでは、バイナンスへ仮想通貨を購入するための操作方法を解説します。

実際に、BNB/BTCのペアでBNBを購入するまでの流れをご説明します。

①トップページの「BTC Markets」にて「BNB/BTC」ペアを選択

②購入方法は「Limit(指値)注文」「Market(成行)注文」の2通りから選ぶ

●Limit(指値)注文:価格を指定して購入する方法

1, Price:売買したいBNBの価格を入力

2, Amount:売買したいBNBの数量を入力

3,「Buy BNB」でBNBを購入、「Sell BNB」でBNBを売却

 

●Market(成行)注文:現在の価格で購入する方法

1, Amount:売買したいBNBの数量を入力

2,「Buy BNB」でBNBを購入、「Sell BNB」でBNBを売却

このように簡単に仮想通貨を購入することができます。

みなさんもぜひバイナンスで仮想通貨を購入してみてください。

まとめ

バイナンスの特徴や口座の開設方法までをまとめました。

バイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所で下のような魅力があります。

  • 取引手数料0.1%と安い
  • 取扱通貨が100種類以上
  • ハードフォーク通貨の多くをサポート

ただし、日本語、日本円入金で対応していないので初心者とっては操作が難しいイメージがあるかもしれません。

しかし、操作の仕方はとても簡単で、一度覚えてしまえばすぐに使いこなすことができます。

日本の取引所では取り扱っていない通貨がたくさんあるので、ご興味のある方はぜひバイナンスを利用してみてください。

関連記事
執筆者
hubexchangeのメディア部門を担う「編集部」の公式アカウントです。 編集長はもぐらいだー(ikenaga)。ハッキングされた取引所の事象発生から現在までを追う「ハッキング探偵」などの企画立案や執筆時マニュアルの策定などの編集部内外の標準化ツールの整備に注力中。メディア事業に興味があるアシスタント希望者求む!
whatshot ランキング
新着ユーザーズコラム
hubexchangeをフォロー!